はっちゃん残り日記(お絵描きの部屋) 孫たちと映画に行ってきた

                          


孫たちと映画に行ってきた  ...

 

NO 924   映画”君の名は”
われながらうまく描けたけど思春期の娘なんでぼかしておくね

 孫二人が帰省していたのでデイトでした
幼女から少女にそして思春期にと変わっていくのを見てるのは
うれしいがそのうちに付き合ってくれなくなるかもと思うとちょっと寂しい気がする

映画『君の名は』に孫二人と観に行ってきた
新海 誠監督のあたらしい雰囲気のアニメーション、映像がみごとで
エンドロールでは背景だけで50人近くのスタッフが描いているらしい

60年前に同じ名前で松竹映画『君の名は』 が上映されていたが
内容は40年前の大林宣彦監督尾道を舞台にした『転校生』によく似ている

アニメーションといえば宮崎 駿監督の幻想的な作品が思い浮かぶが
現実ではないけど普段の生活のようなお話の流れが新しい映画手法なんでしょう。

春にキングコングが上映される秋にはゴジラとの対決もあるらしい

昔の場末の映画館はカタカタと映写機の音がして
入れ換えなし席指定なし途中で入ると推理映画で犯人が逮捕されてから
休憩はさんで事件が始まるので筋書きは頭で組み立てる今では考えられないでしょう
そんな60年も前からの映画ファンです、いや~映画って楽しいですね。
 



スポンサーサイト
~ さまってここがおわりの冥途旅 ~~           
拙いブログ終わりまで見ていただいてありがとうございます。  



 皆様からいただいたコメントとお返事
こんにちは
お孫さんと 「君の名は」 見てこられたのですね
そうそう 昔の数寄屋橋とは全く関係のない 君の名は!!
2017/01/09(月) 16:57 | とんび | #-[ 編集]
とんびさん
今回は親も観にいきたかったでしょうがが孫とだけで楽しんできました
60年も昔に佐田啓二と真知子巻きの岸恵子数寄屋橋の上で
の有名な場面がありましたね白黒の四角いスクリーンでみましたよ
あのお話とは関係ないけど口だけパクパクの手抜きアニメと違って
日本のアニメもここまできたかと思うほどの映像美すばらしいです。
2017/01/09(月) 17:39 | はっちゃん | #8Y4d93Uo[ 編集]
おはようございます
すごい人気の映画のようですね
映画はあまり観る機会がないのですがこれは観てみたいものです
2017/01/10(火) 03:29 | 憲さん | #-[ 編集]
憲さん
この映画の人気は世界的ですね
青春物語アニメなんで1人では行きにくかったので
孫と一緒に行ってきました評判通り見事なつくりでした。
2017/01/10(火) 05:47 | はっちゃん | #8Y4d93Uo[ 編集]
こんばんは
とても人気の映画ですよね。
私は誘ったら娘がレンタルで観ると言って残念ながら映画館には行けずでした。
2017/01/10(火) 19:26 | abend | #-[ 編集]
abenbさん
海外の人気もすごいらしいですね
四角いスタンダード画面なのでTVでも変わらないですが
映像美なら是非映画館でをお勧めします。
2017/01/11(水) 06:17 | はっちゃん | #8Y4d93Uo[ 編集]
君の名は
アニメ「君の名は」見に行かれたのですね。
見に行ってませんが知っています。
お孫さん帰られてよかったです。
そして一緒にですか。よかったですね。
レンタルでも見れるのですね。
2017/01/11(水) 06:28 | しょこらろーず | #H6RSI4P.[ 編集]
しょこらろーずさん
この映画観に行くのに1人では気恥ずかしいし
孫の帰省に合わせて一緒に行ってきました
映画館で上映終わればすぐにレンタルされますよ。
2017/01/11(水) 06:49 | はっちゃん | #8Y4d93Uo[ 編集]
映画
君の名はも見られたんですね
しかもお孫さんと一緒に。いいですね
私はいつかTV放送まで待とうかと^^
2017/01/11(水) 14:39 | うさぎ | #pnxQ82rk[ 編集]
うさぎさん
は~いこの映画は若者向きなんで私一人では気恥ずかしくて観にいけなかった
孫たちに付き合ってもらっていけましたよ
TVでもすぐに放映されるでしょう
2017/01/11(水) 15:47 | はっちゃん | #8Y4d93Uo[ 編集]



 コメントを投稿する

ここは公開されるので書き込み停止にしてあります。
ほ~むあどれす


こめんと

文中アドレスは無効設定です迷惑・勧誘・商用コメントはご遠慮を。
ぱすわ~ど  ←設定で投稿後再編集や削除ができます。
秘密   ← 内緒のお話しではここに☑︎してください。              管理者 八衛門