はっちゃん残り日記(お絵描きの部屋) 地震は怖い続きを も!ちょっと


      夕陽が沈んでまた昇るその日が来ることを信じて

地震は怖い続きを も!ちょっと   ...

       ご飯ではありませんこれはあんかですよ
                       NO295  あんか
先の絵の中におばあちゃんが抱えて持ち出してるのになんだろうと思った方がいるでしょう、

この絵は昭和21年電気こそ来ていたけれどガスはまだ水道すら引いてなかったです。

ご飯はもちろん薪で炊く、もう滅多に言われませんが
始めちょろちょろなかぱっぱ、赤子泣いても蓋取るな”これが飯炊きの極意だったそうです。
今は電気窯が全部やってくれますね。

その薪の炭火やそれを砕いて池の泥と混ぜお団子にして乾燥したもの(たどん)といっしょに
火をつけて陶器製の炬燵の中に入れて布団の中の暖房にしました。

燃えてしまったら白くなるんだけど炭の真っ黒い玉なんでお相撲さんは嫌いますね。

そのため地震の際は真っ先に持ち出す、防火のためだったんです。
先の記事をアップしてからどっかにあるかもわからないと隅から角まで探したんですが見つかりませんでした、
なのであわてて絵に描いてそのためちょっと手抜きで申し訳ないです。


国税庁ホームページと格闘中更新少し遅れます。 1月20日11:00


終わりまで見ていただいてありがとうございます。
お天気よければ午前中はほとんど畑仕事です、お返事遅くなったりしますがご容赦を。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へ    ←応援クリックありがとうまた来てくださいね。

コメント投稿    ←訪問ありがとうコメントくださる方はこちらからが近道です。

新しい掲示板    ←FC2掲示板はこちら画像も貼ってもらえますよ。

はっちゃん残り日記ホーム  ←リンクでお越しのお客様は玄関へどうぞ、お知らせもこちら。

  更新2011/01/18(火)  掲示板   総合管理   皆様のこめんと: 33   こめんと投稿フォーム   トップへ↑



皆様からいただいたコメントとお返事
炭火
そうでしたね
おくどさんで薪焚いてご飯焚きましたね
刃釜?で・・火吹竹でフーフー吹いて
その余り火を 火消壷に入れて
掘りコタツにも火を炭を入れました
アンカにも入れました
湯たんぽも使いました
火鉢もありました
角火鉢を残して居ますよ
2011/01/18(火) 14:39 | とんび | #-[ 編集]
こんにちは
超 懐かしい 光景ですね!(^^)!始めチョロチョロ・・・も懐かしいです。今は,スイッチ・ポン ですものね!(^^)!。昔は 炭火で炊いた ご飯は 美味しい と言っていたんですがね・・。お年寄りには 懐かしいですね!(^^)!
2011/01/18(火) 14:53 | 暇人アカゲラ | #-[ 編集]
南海地震も経験されてるのですか?
阪神大震災のときの揺れ、忘れられないですね

これは、あんかですか
初めて見ました
2011/01/18(火) 14:53 | うさぎ | #pnxQ82rk[ 編集]
はっちゃん  こんにちは
炭火!考えもつかなかったです
防火対策!
火事にならないようにって 大事なことですものね 神戸の震災のときもそうでしたよね
考えさせられました!ありがとうございました ぽち
2011/01/18(火) 16:34 | SONOMI | #-[ 編集]
とんびさん
暇人さんと同じくとんびさんもおそらく判ってもらえますね。
全くコメント通り、なにも説明の必要がありません。

前に古い道具アップした時あったように思ったんで探したけど
割れ物だからもうありませんでした。
炬燵の横に猫が入って灰だらけになったりして。

角火鉢あるんですかぜひ見せてほしいです。
2011/01/18(火) 17:07 | はっちゃん | #-[ 編集]
暇人さん
一度かまどの絵をアップしましたね、
ちょうど部品がうまく使えたので早く仕上がりましたよ。

こうゆうのを載せると若い方と熟した方の意見が面白いです、
このあんかはおそらく若い方には中に火を入れるなんて言ったら信用しないでしょう。
これから豆炭に変わり、電気に変わり、今は部屋を全体暖めるいい時代になってと思います。
2011/01/18(火) 17:08 | はっちゃん | #-[ 編集]
うさぎさん
私が5歳の時なんですよ、100~150年に起こると言われてるんで
うさぎさんは今度のに遭遇するかもわかりませね。

こんなあんかはおそらく↑のお二人くらいしかわかりません、
ね!そう言ってるでしょう(^^
わかるようにあんかと書いてるけど炬燵が本当でしょうね。
2011/01/18(火) 17:09 | はっちゃん | #-[ 編集]
SONOMIさん
そうでしょうね。この絵を見てふんふんとうなずいてくれるのは
おそらく昭和20年までに生まれた人布団の中に火を入れるなんて
考えもつかなかったでしょう。

これでお婆さんが抱えて逃げたのがわかってもらえたでしょうか、
SONOMIさんの質問に答えようと探したんですが現物はみあたりませんでした。
2011/01/18(火) 17:10 | はっちゃん | #-[ 編集]
炭火
はっちゃんさん・こんばんは。

炭火と言えば、火鉢と堀炬燵の炭は覚えてますよ~
火鉢は 今は使わないけど母のお気に入りを今でも植木カバーにして使ってます。
始めちょろちょろ・・・は、体験させられて、停電になった時でもご飯が炊けるようにと美味しく炊けるまでやらされたことがあります。w
たどんも子供の時どこかで見た記憶があります。

淡路島に友人がいて震災の時家が崩壊しなかったので彼女の家はしばらく避難所として使われました。
毛布など20枚ほど送ったりしました。地震はこわいですね。
2011/01/18(火) 17:23 | who smaile | #-[ 編集]
whoさん
薪でご飯炊きしたことあるんですね、
私が経験ないですが幼いころ母が朝早くからこんな竈で
アルミのお釜使ってご飯を炊いていました。

私はたどんを作ったことありますよ、
足踏みのカラス(米を搗く)で細かく砕いてお団子にしました。
(カラスまたお絵描きの材料がありがとうそのうちアップしますね
2011/01/18(火) 18:23 | はっちゃん | #-[ 編集]
珍しい!
こんばんは。
珍しいものを紹介くださり有難うございます。はっちゃんさんは、もはや生字引ですね~
たどんは「炭団」と書くと知って納得!
炭の団子という訳ですね。
こんな様子を聞くと今がどれ程便利なのか改めて思います。
今の便利な時代を作ったのがはっちゃんさんを含め、大勢のお年寄りですものね!
お年寄りは大切にしないと罰が当たりますね!
画像を見つけたのでリンク先を貼っておきます。
http://7rinhonpo.jp/archives/50109132.html
2011/01/18(火) 18:58 | sakura | #-[ 編集]
あんか
豆炭を一個入れて使うあんか
には思い出があります。
お茶碗のようなあんかなのですか?
知らないです。
湯たんぽは今でも使いますが。
レンジでチンして使う湯たんぽ
は簡単ですが冷めやすいです。

昔ながなのご飯は美味しいでしょうね。
2011/01/18(火) 19:06 | しょこらろーず | #H6RSI4P.[ 編集]
sakuraさん
ありがとうただ古いだけですよ。

リンクありがとう行ってきました、
まだ作って売ってるんですね使う人があるんかな。

年寄りは大事でも若い人、子供も大事われわれにとっては宝ですよ、
お互い助け合っていくのが一番ですね。

私の家内の母、義母は今97歳今日も後3年生きてよ100だもんな、
と言ったらわかったとうなずいていました。
2011/01/18(火) 19:20 | はっちゃん | #-[ 編集]
しょこらろーずさん
これはその豆炭さんかより前ほんとに炭火を入れて使います、
もうちょっとそこのひらたいお茶碗の様な物に灰をいれてその中に
炭火を埋めて中に入れます、防火上危ないものだったですね。
もうほとんどの方は知らないでしょう。

そうです竈で釜で薪で手間暇かけたご飯はおいしかったですね。
2011/01/18(火) 19:21 | はっちゃん | #-[ 編集]
たどん
たどんは知っていたけど炭とお水を混ぜて丸めて作った物なのね。
あんかを使ったことはないけど、
寝るときに子供の頃は湯たんぽを使っていたのを思い出したわ。
私が生まれた頃には東京では「かまど」はもう無かったようよ。
sakuraさんがリンクを貼ってくれたので見て来たけど、
もう今では使われる事も少ないのでしょうね。
2011/01/18(火) 19:35 | 昔の乙女 | #-[ 編集]
こんばんわ
初めて見ましたが、「火を入れたもの」抱いて寝て怖くなかったですか?
火鉢は、お茶を習っていた時に炭手前で苦労しながら扱った事はあります。

お釜は圧力窯で焚いていたみたいですが、記憶は定かではないですね。
水道もお家についていましたよ!(^^)!
はっちゃんさんから、多くの事を知る事が出来て勉強になります(^_-)-☆
2011/01/18(火) 19:36 | イルカ | #-[ 編集]
あんか
絵を見て色々思い出しました。
うばゆりの小さい頃は豆炭アンカを使っていました。あの頃は豆炭とか練炭とかを炭屋で沢山売っていましたね。懐かしいです。
はっちゃんさん、最近は写真に音声を貼り付けているのですか。新しいことにどんどん挑戦しているのですね。
2011/01/18(火) 23:03 | うばゆり | #LiaQ9uJE[ 編集]
うわ~~~~い!!
はっちゃんさん、こんばんは~^^
たどんを紹介してくださってありがとうございます!!
なぜかといえば、たどんを発明した人は群馬の塩原 太助と云われているんです!この前の太助まんじゅう覚えていますか?
この方が江戸で成功したのはこのたどんと云われています。
人様のブログですけどこちらに

http://www.sumida-gg.or.jp/arekore/SUMIDA016/tatekawa/S016a.html
いやぁ~、私も勉強していなければ見逃すところでした。
はっちゃんさんのおかげで太助さんのことを思い出しましたよ!
ありがとうございました。
2011/01/19(水) 00:09 | たんたん | #-[ 編集]
お早うございます
私は戦後生まれですが 覚えていますよ 炭火の炬燵・・・
夕ご飯を炊くときに入れていたので寝る時は 布団の中が暖かくてねー
三人ぐらいが足を寄せ合って暖まっていました

今思えば あれでよく火事にならなかったものですねー・・・
2011/01/19(水) 04:51 | 憲さん | #JqAmgjA2[ 編集]
おはようございます^^
「たどん」と「豆炭」は違うのですか?
私は、「豆炭」を知っています。
でも、まだ幼稚園に上がる前頃は、
お布団の中に、直接火をおこした炭を入れてその上に薄く灰をかけ、山型になった硬いカバーのようなものの中に入れてました。
だから、昔は、お布団の掛け布が黄色くなってるのを良く見ましたよ。
(たぶん、熱で焦げたものと思われます)
家の中にかまどがあり、煤けてたのも記憶にあります。
田舎育ちなので、今でこそ薪を使うところは少なくなってますが、
愛媛でも山間部へ行くとお風呂はまだ薪の所があるようです。
貧しいけど、懐かしい良い時代でしたよ(*^_^*)
2011/01/19(水) 08:48 | 芳奈美 | #rulyQTQQ[ 編集]
昔の乙女さん
たどんは炭を細かく砕いて丸めて乾燥したものです、
祖父がよく作っていました、筵の上にたくさん並べていたのを思い出しますよ。

ゆたんぽも今と違ってブリキ製毛布で来るんで布団に入れてましたね。
炭火>たどん>豆炭>お湯>電気
時代によって変化してますがみんな知ってるのはもうわたしくらいでしょうか。
2011/01/19(水) 08:57 | はっちゃん | #-[ 編集]
イルカさん
怖いというより当時は物不足でこれしかなっかんですよ、
お茶はお湯を沸かすときには今でも炭を使ってるんですね。

イルカさんとわたしはひと時代違うので水道から
水が出たときの驚きようは想像がつかないでしょう、井戸もご存知ないですよね。
その絵もあるんだけど既出でもよかったらホームページのほうにでもアップしていきますが。
2011/01/19(水) 08:59 | はっちゃん | #-[ 編集]
うばゆりさん
ありがとうきていただいて。
豆炭使っていましたか、あれはよく焼かなければガスが出るといわれてました、

動画もいいですがフラッシュを使っています、
フラッシュファイルは軽いので重荷にならなくていいですよ、
もちろんいつものようにフリーソフトを頂いてつくっています。
SUZUKA、ParaFlaどちらもフリーです詳細が入用でしたらいつでもどうぞ。
2011/01/19(水) 09:00 | はっちゃん | #-[ 編集]
たんたんさん
もちろん太助まんじゅう読ませてもらいましたよ、饅頭=たどんつながりが面白いですね。

リンク行ってきました塩原橋のところに書いてました、塩原太助は名代の放蕩者ではなかったんですね。
落語の世界でおもしろおかしく脚色されていたんだ。
いえこちらこそ勉強させて貰いましたよ、いままでは落語のお話の主人公だと思っていたのに
今ごろ恥ずかしいことですが実在していたとは新発見です。
2011/01/19(水) 09:02 | はっちゃん | #-[ 編集]
憲さん
知ってますか、炭火を入れて灰で埋めて、
今考えたら怖いことしてたんですね、地震のさいは真っ先に持ち出さなくては
ならなかった、とわかっていたんでしょうね。

横で猫が寝てたり、のばしてくる足があたったり
今思えばなつかしいですね。
2011/01/19(水) 09:03 | はっちゃん | #-[ 編集]
芳奈美さん
たどんは薪の消し炭を細かく砕いて繫ぎをいれて丸く乾燥させたもので
豆炭とは原料がちがいます、いわゆる廃物利用でしょうね。

わたしも当時はここは田舎の農村山で木を切り出して
斧で薪割りお風呂やかまどのご飯炊きにつかっていました。

こんな古いことばっかり書いて皆さんに嫌われると思ったけど
いろいろ思い出してもらってよかったです。
2011/01/19(水) 09:10 | はっちゃん | #-[ 編集]
お昼休憩チュに【ミカン箱】´・ω・`) コッリョリ
はっちゃんさん♪ こんにちわぁ~♪
わぁ~「おくどさん」と「あんか」懐かしいですね^^
幼い頃、母の実家では掘りごたつでして、炬燵の中にそのくどの燃えた炭を入れて暖を取っていたのを思い出しました^^

地震のときは真っ先に持ち出す?
そっか・・・火事になったら大変ですもんね^^;
〇島は、ありがたい事に、地震災害が殆どなくて、県民はあまり準備や対策を講じてない気がします。。。
2011/01/19(水) 12:35 | ちえたん | #-[ 編集]
ちえたんさん
いつもお仕事いそがしくせっかくのお昼休みにありがとう。
そうそう掘りごたつも炭いれて暖めてましたね、うちには使ってないけどまだありますよ。
今は電気でスイッチ一つで温まるけど炭の火起こしは大変でした。

そう言えば〇島は地震被害はありませんねでも油断は禁物ですよ、
どこで起こるかわからないですから
2011/01/19(水) 12:58 | はっちゃん | #-[ 編集]
幼い頃みた記憶があります。
2011/01/19(水) 14:36 | ニコラス | #BZUFkacE[ 編集]
ニコラスさん
見たことありますか
でも使ってるのはっご存知ないですね。
2011/01/19(水) 17:30 | はっちゃん | #-[ 編集]
おひさしぶりです。
 地震と言えば、阪神淡路大震災。
あの揺れは今でも忘れられません。
 その後次男を妊娠中のトラブルで
入院中、たくさん管でつながれた状態で地震が来たとき、逃げられないという恐怖でさらに地震が怖くなりました。
 災害は忘れたころにやってくるって言いますものね。少しは防災対策しとかないと・・・。
2011/01/19(水) 20:36 | 友湖 | #-[ 編集]
友湖さん
いろいろ大変でしたね、もう落ち着かれましやか。

そうですね16年前なんでお子さんの生まれた頃、
逃げられないのは一番怖かったでしょう。
南海地震はわたしの生きてる間には来ないでしょうが
息子さんの時代には必ず起こります、今から防災は教えておいてください。
2011/01/20(木) 08:09 | はっちゃん | #-[ 編集]
とても良い記事ですね(^-^)

たどんって何だか知りませんでしたが~。。はっちゃんのおかげで知ることが出来ましたよ。

自分は練炭、豆炭は知ってますよ。。

☆~
2011/01/22(土) 12:44 | G1 | #-[ 編集]



 コメントを投稿する
ここは公開されるので書き込み停止にしてあります。
ほ~むあどれす


こめんと

文中アドレスは無効設定です迷惑・勧誘・商用コメントはご遠慮を。
ぱすわ~ど  設定で投稿後再編集や削除ができます。
秘密   ← 内緒のお話しではここに☑︎してください。        管理者 八衛門
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hattyomo.blog76.fc2.com/tb.php/149-9b26a7ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック